NAV
Unity

UIKit GS2-Account サンプル

アカウントの作成とログイン処理を実行します。

また、アカウントの連携と引継ぎ処理を実行します。
iOSもしくはAndroidのモバイルデバイス上での動作が必須となります。
iOSでのSign in with AppleSign in with Googleのネイティブログイン、
AndroidでのSign in with Googleのネイティブログインに対応しています。

フォルダ構成

サンプルのフォルダ:

(Unityプロジェクト)/Assets/Game Server Services/Samples/UIKit/Gs2Account/

サンプルシーン:

(Unityプロジェクト)/Assets/Game Server Services/Samples/UIKit/Gs2Account/Scenes/Account.unity

GS2-Deproy サンプルテンプレート:

(Unityプロジェクト)/Assets/Game Server Services/Samples/UIKit/Gs2Account/Settings/initialize_account_template.yaml

解説

シーン内には Gs2AccountAutoLogin プレハブと Gs2ClientHolder コンポーネントを保持する Gs2 ゲームオブジェクトが配置されています。

シーンを再生すると、Gs2ClientHolder は GS2 SDK の初期化処理を実行し Gs2ClientHolder.Instance で SDK にアクセスできる状態にします。

Gs2AccountAutoLogin プレハブ に保持される Gs2AccountAutoLogin コンポーネントはGs2ClientHolder の初期化処理が完了するのを待ち、
完了したらログイン処理を実行します。

アクセストークン は GS2 の API を呼び出す際に必要となるゲームプレイヤーを識別するための情報です。
アクセストークン には有効期限があり、有効期限が切れる前に再取得する必要がありますが、UI Kit を利用している上では自動的に更新されますので、開発者は アクセストークン のリフレッシュについて考える必要はありません。