NAV
GS2-Deploy

GS2-Enhance

GS2-Deploy のテンプレートで使用できるリソース定義のリファレンス

エンティティ

Namespace

Namespace

Type: GS2::Enhance::Namespace
Properties:
  Name: namespace1
  Description: null
  EnableDirectEnhance: true
  QueueNamespaceId: grn:gs2:ap-northeast-1:YourOwnerId:queue:queue-0001
  KeyId: grn:gs2:ap-northeast-1:YourOwnerId:key:namespace1:key:key-0001
  LogSetting: 
    LoggingNamespaceId: grn:gs2:ap-northeast-1:YourOwnerId:log:namespace1

ネームスペースは一つのプロジェクトで同じサービスを異なる用途で複数利用できるようにするための仕組みです。 GS2 のサービスは基本的にネームスペースというレイヤーがあり、ネームスペースが異なれば同じサービスでもまったく別のデータ空間として取り扱われます。

そのため、各サービスの利用を開始するにあたってネームスペースを作成する必要があります。

必須 デフォルト 値の制限 説明
name string ~ 32文字 ネームスペース名
description string ~ 1024文字 説明文
enableDirectEnhance bool false DirectEnhance を利用できるようにするか
queueNamespaceId string ~ 1024文字 スタンプシートの実行に使用する GS2-JobQueue のネームスペース
keyId string ~ 1024文字 スタンプシートの発行に使用する GS2-Key のネームスペース
logSetting LogSetting ログの出力設定

RateModelMaster

RateModelMaster

Type: GS2::Enhance::RateModelMaster
Properties:
  NamespaceName: namespace1
  Name: character-level
  Description: null
  Metadata: CHARACTER_LEVEL
  TargetInventoryModelId: grn:inventory:character
  AcquireExperienceSuffix: :level
  MaterialInventoryModelId: grn:inventory:material
  AcquireExperienceHierarchy: 
    - experience
  ExperienceModelId: grn:experience:level
  BonusRates: 
    - 
      Rate: 1.0
      Weight: 90
    - 
      Rate: 1.5
      Weight: 9
    - 
      Rate: 2.0
      Weight: 1

強化レートは強化に使用する素材と強化対象を定義したデータです。

素材データ、強化対象データは共に GS2-Inventory で管理されている必要があります。 強化で得られる経験値は GS2-Inventory のメタデータにJSON形式で記録します。 ここではメタデータのどの階層に経験値の値が格納されているかを記載する必要があります。

強化時に一定の確率で 大成功 といった形で入手できる経験値量に補正値をかけることができます。 その抽選確率もこのエンティティで定義します。

必須 デフォルト 値の制限 説明
namespaceName string ~ 32文字 ネームスペース名
name string ~ 128文字 強化レート名
description string ~ 1024文字 説明文
metadata string ~ 2048文字 メタデータ
targetInventoryModelId string ~ 1024文字 強化対象に使用できるインベントリ
acquireExperienceSuffix string ~ 1024文字 GS2-Experience で入手した経験値を格納する プロパティID に付与するサフィックス
materialInventoryModelId string ~ 1024文字 素材に使用できるインベントリ
acquireExperienceHierarchy string[] 入手経験値を格納しているメタデータのJSON階層
experienceModelId string ~ 1024文字 強化の結果を得られる経験値
bonusRates BonusRate[] 経験値獲得量ボーナス

CurrentRateMaster

CurrentRateMaster

Type: GS2::Enhance::CurrentRateMaster
Properties:
  NamespaceName: namespace1
  Settings: {\n  "version": "2020-08-22",\n  "rateModels": [\n    {\n      "name": "character-level",\n      "metadata": "CHARACTER_LEVEL",\n      "targetInventoryModelId": "grn:inventory:character:character-0001",\n      "materialInventoryModelId": "grn:inventory:material",\n      "acquireExperienceSuffix": ":level",\n      "acquireExperienceHierarchy": [\n        "experience"\n      ],\n      "experienceModelId": "grn:experience:character:level",\n      "bonusRates": [\n        {\n          "rate": 1.0,\n          "weight": 90\n        },\n        {\n          "rate": 1.5,\n          "weight": 9\n        },\n        {\n          "rate": 2.0,\n          "weight": 1\n        }\n      ]\n    },\n    {\n      "name": "character-friendly",\n      "metadata": "CHARACTER_FRIENDLY",\n      "targetInventoryModelId": "grn:inventory:character:character-0001",\n      "materialInventoryModelId": "grn:inventory:material",\n      "acquireExperienceSuffix": ":friendly",\n      "experienceModelId": "grn:experience:character:friendly",\n      "acquireExperienceHierarchy": [\n        "taste"\n      ],\n      "bonusRates": [\n        {\n          "rate": 1.0,\n          "weight": 1\n        }\n      ]\n    }\n  ]\n}

GS2ではマスターデータの管理にJSON形式のファイルを使用します。 ファイルをアップロードすることで、実際にサーバーに設定を反映することができます。

JSONファイルを作成する方法として、マネージメントコンソール上でのマスターデータエディタを提供していますが よりゲームの運営に相応しいツールを作成し、適切なフォーマットのJSONファイルを書き出すことでもサービスを利用可能です。

JSONファイルの形式についてはドキュメントを参照ください。

必須 デフォルト 値の制限 説明
namespaceName string ~ 32文字 ネームスペース名
settings string ~ 5242880文字 マスターデータ