NAV
GS2-Deploy

GS2-Log

GS2-Deploy のテンプレートで使用できるリソース定義のリファレンス

エンティティ

Namespace

Namespace

Type: GS2::Log::Namespace
Properties:
  Name: namespace1
  Description: null
  Type: gs2
  GcpCredentialJson: {"project": "test"}
  BigQueryDatasetName: dataset-0001
  LogExpireDays: 3
  AwsRegion: awsRegion
  AwsAccessKeyId: awsAccessKeyId
  AwsSecretAccessKey: awsSecretAccessKey
  FirehoseStreamName: firehoseStreamName

ネームスペースは一つのプロジェクトで同じサービスを異なる用途で複数利用できるようにするための仕組みです。 GS2 のサービスは基本的にネームスペースというレイヤーがあり、ネームスペースが異なれば同じサービスでもまったく別のデータ空間として取り扱われます。

そのため、各サービスの利用を開始するにあたってネームスペースを作成する必要があります。

必須 デフォルト 値の制限 説明
name string ~ 32文字 ネームスペース名
description string ~ 1024文字 説明文
type string "gs2" ~ 128文字 ログの書き出し方法
gcpCredentialJson string {type} == "bigquery" ~ 5120文字 GCPのクレデンシャル
bigQueryDatasetName string {type} == "bigquery" ~ 256文字 BigQueryのデータセット名
logExpireDays int {type} in ["gs2", "bigquery"] ~ 3650 ログの保存期間(日)
awsRegion string {type} == "firehose" ~ 256文字 AWSのリージョン
awsAccessKeyId string {type} == "firehose" ~ 256文字 AWSのアクセスキーID
awsSecretAccessKey string {type} == "firehose" ~ 256文字 AWSのシークレットアクセスキー
firehoseStreamName string {type} == "firehose" ~ 256文字 Kinesis Firehose のストリーム名